無重力クッションのGゼロクッションを使ってみた感想、沈み込まない座り心地

Gゼロクッション カバーを外した中身はシリコンのような素材です生活

Gゼロクッションはテレビで放送されたのを見て

欲しくなってすぐに注文したので、購入したのはだいぶ前。

2018年の12月くらいに注文して、その当時は大人気で

通販で買えるお店も限られていて、

正確には覚えていないけど注文してから発送まで数カ月待ちだったと思う。

こちらのクッションはジャンルで言えば

無重力クッション、ゲルクッション、ジェルクッションなどと呼ばれる分類だと思う。

Gゼロクッション 無重力クッション

Gゼロクッションはどんな座り心地なのか

綿とも低反発とも違う、

やわらかさはなく、でもそれは悪い意味じゃなくて

通常は座った時に体がソファーなどに沈み込むと思うんだけど

Gゼロクッションを敷いて座れば

沈み込まずに、座るところにかかる体圧を分散して

支えてくれるような座り心地です。

ハリのある座り心地で、シリコンのような素材で出来ています。

Gゼロクッションの仕様

ゲルで出来たクッションがカバーに覆われていて

カバーはファスナーで開け閉め出来るようになっていて取り外し可能。

Gゼロクッションのカバーはファスナーがついていて取り外し出来ます

カバーをつけている時は薄い普通のクッションみたいな外観で

インテリアにも浮かずに馴染みます。

私が購入した当時はブラウンのカバーしかなかったんだけど

今はブラウンの他に、グレー、ブルー、ピンクっていうカラーの展開があるようです。

私が買った時はクッションは1つのタイプしかなかったんだけど

今はDXっていう、通常のものよりも1.5倍の厚さがあるタイプも発売されたみたい。

体重、体圧を分散して支えてくれる感じは通常のタイプでも十分に体験出来たと思うけど

DXだと厚みがある分、より体圧を分散してくれることを期待出来そうですね。

Gゼロクッションはどんなシーンでの使用に向いているのか

カバーに持ち手がついているから、バッグを持つような感覚で

お手軽に持ち歩けるし

使わない時はカバンをポールなどにさげて保管するような感覚で

コンパクトに収納しておくことが出来ます。

Gゼロクッション 持ち手があって便利

家で使ってもいいし、パソコンなどの事務作業のお供に使ってもいいし

屋外で固いところに座るようなシーンにも良いと思います。

そんなに重くないし、持ち手もあるから楽々持ち運べます。

Gゼロクッションのカバーの裏側の滑り止め

クッションの裏側は滑り止めになっているから、

布の上のような滑らない場所はもちろん

多少ツルツルした場所でもクッションが滑りにくく快適に使えます。

通常はクッションってあまり持ち歩かないと思うけど、このクッションは

車で使いたいなって思った時も気軽に持っていけるし、

色んな場所で使えて持ち歩けるクッションという点も魅力です。

Gゼロクッションのカバーを開けた中身の写真

私は屋内で使っているから

あまりカバーを開ける機会はないんだけど

Gゼロクッションのロゴが入ったこのカバーを

カバーにはGゼロクッションのロゴが入っています

取り外すと、どうなるかっていうと

Gゼロクッション カバーを外した中身はシリコンのような素材です

このようにオレンジ色のジェルで出来たクッションが入っています。

硬くはなく、やわらかいジェルではあるけど

座った時は、ふにゃっとなることはなく

しっかり体を支えてくれます。

屋外でコンクリートに敷いて使う時などは

カバーを汚さないように、カバーを外して中身のゲルクッションだけ敷いたほうが

いいかもしれませんね。

中身のオレンジ色のゲルクッションはぬるま湯と石鹸で洗えるから

屋外での使用も安心だし、多目的に使えて良いと思います。

【コパ公式】Gゼロクッション 腰痛でお悩みの方にもおススメ 4色展開(ブラウン/ブルー/ピンク/グレー)

【コパ公式】GゼロクッションDX デラックス 腰痛でお悩みの方にもおススメ

コメント

タイトルとURLをコピーしました