間近で見ても本物のお米と区別がつかない☆大塚食品 マンナンヒカリ

大塚食品 マンナンヒカリ 炊いてみた写真生活

混ぜ込みおにぎりが好きなんだけど

おにぎりって結構なお米の量になっちゃって

糖質もカロリーも気になるから

白米に混ぜて炊く、こんにゃくのお米に興味があって

コンニャクのお米っていうと有名な商品の

大塚食品 マンナンヒカリが思い浮かんだから購入してみた。

大塚食品 マンナンヒカリ  いつもと同じ水の量で、白米に混ぜて炊くだけで使えます

こんにゃく米を食べるのが初めてだったから

マンナンヒカリ スティックタイプ 75g×7袋という個包装で7回分のものにした。

マンナンヒカリ スティックタイプ 75g×7袋

大塚食品 マンナンヒカリ  開封写真 中身は、このように入っています

私が知っている限りではこの商品は安売りはあまり見かけなくて、スーパーで買ってもどこで買っても定価とほとんど変わらないと思う。長くある人気商品だから特売などする必要がないのだと想像します。通販で買う時は値段よりも送料や他に一緒に買えるものがあるかどうかを見たほうが良いと思いました。

マンナンヒカリ スティックタイプ 75g×7袋

マンナンヒカリ 業務用 1kg

マンナンヒカリ 通販用 1.5kg

マンナンヒカリ 業務用 15kg

マンナンヒカリの使い方、炊き方

私が使っているものは1回分ずつの使い切りだから

使い方は、いつも食べている普通のお米1合又は2合にスティック1本を入れて炊くだけ。

お米1合+マンナンヒカリ1本(75g)で炊いて2合炊きとなります。

お米2合+マンナンヒカリ1本(75g)で炊くと3合炊きです。

1合分がマンナンヒカリになるという感じです。

マンナンヒカリは洗う必要もないのでスティックを開けたら、お米に軽く混ぜて炊飯するだけ。

大塚食品 マンナンヒカリ  使用方法 炊き方 商品説明

計量の必要がなくて手軽に使えるから最初は個包装のものがいいと思う。

大塚食品 マンナンヒカリ  個包装で1回分ずつになっています

お米+マンナンヒカリの計2合で炊く時も、普通のお米を2合炊く時と同じ水の量でOK

むしろやわらかく感じるので、お好みでいつもより気持ち程度、水の量を減らしても良いです。

あまり減らすと水が足りなくなるので、

お米1合+マンナンヒカリ1本(75g)の2合炊きなら炊飯器の2合の目盛りよりも1~2mmのわずかに少ない程度で。

もちろん、水を減らさないで2合の線きっちりの水分量で炊いても問題なく炊けます。

最初は2合の線の水の量で炊いて食べてみて、お好みで水の量を調節すると良いと思います。

お米1合にマンナンヒカリ1回分(75g)を入れた2合炊きで炊飯すると

いつもと同じ量で茶碗に盛って食べた時に

カロリーと糖質が33%カットになります。

普段と変わらない食事でカロリーと糖質を減らすことが出来る

大塚食品 マンナンヒカリ 炊いてみた写真

ダイエットや体型維持って運動も大事だけど

結局はカロリーだと思っています。

色んなダイエット方法があるけど、

カロリーを摂りすぎると体重が増えるし、摂取カロリーが消費カロリーを下回れば

体重を減らすことに繋がっていくと思います。

しかし、食べないダイエットのようなことをすると

体調不良を招いたり太りやすい環境を作ってしまうので

マンナンヒカリは、おかずから摂るビタミン・ミネラル・たんぱく質などの栄養はそのままに

炭水化物のカロリーと糖質を減らせる点が良いと思いました。

お米に混ぜて炊くだけで良いので楽に続けていけます。

見た目は本物のお米と変わらない

こんにゃくって半透明で、こんにゃく特有の弾力があるイメージだったので

お米をこんにゃく米に置きかえておいしいのかな…って疑問に思っていたけど

実際にマンナンヒカリを混ぜて炊いてみると

大塚食品 マンナンヒカリ 炊飯後の白米の写真

色も白いし、近距離で見ても、お米とマンナンヒカリの区別がつかなくて

想像以上にすごいと思った。

本物の米よりやわらかく感じるけど、こんにゃく特有の弾力も感じなくて自然な食感です。

近くで見ても普通の白米にしか見えない

大塚食品 マンナンヒカリ  見た目はお米と変わらず、普通の白米と区別がつかないほどです

どの米粒が本物の白米で、どの米粒がこんにゃく米なのか全然わからない。

味は、こんにゃくで置きかえた分、あっさりした感じはします。

でも、こんにゃく特有のニオイは全くなく、雑味もないので

ちょっとお米の味がライトになったかな?くらいです。

多分、マンナンヒカリを混ぜて炊いて出しても言われなきゃわからないと思う。

私は自分で炊いて作って、どんな味かなって思いながら食べているから

普通の白米のみで炊いた時とはちょっと違うなってわかるけど

見た目には全くわからないし、味もこんにゃくみたいな味はしないから

人が炊いて私に出したら気づかないと思う。

こんなに楽に毎回33%も、お米のカロリーと糖質をカットしていけるのは大きいと思う。

お米に味付けする調理に使うと、より自然な味わいに

混ぜおにぎり、チャーハンなどのように、お米に味付けして作るような料理に使えば、普通のお米の時と変わらない味わいだと思いました。

元々私はマンナンヒカリで混ぜおにぎりを作ってみたくて買ったから

早速作ってみた。

大塚食品 マンナンヒカリ を使って作った混ぜ込みおにぎり

こんにゃく米を混ぜているからって食べ過ぎたらそりゃカロリーオーバーになっちゃうけど

普通サイズに握って、約3割程度小さめに握ったおにぎりと同じくらいのカロリーと糖質になるって考えると、カロリーを気にして小さく握らなくても普通サイズのおにぎりを食べることが出来て良いと思った。

茶碗に盛って、白米として食べてもおいしく食べれるけど

お米に味付けするような調理が特におすすめです。

マンナンヒカリは色んなサイズが出ているから

最初は7回分の個包装を買ったけど、リピートは個包装よりも割安の個包装ではない大容量の物を利用しようと思っています。

マンナンヒカリ スティックタイプ 75g×7袋

マンナンヒカリ 業務用 1kg

マンナンヒカリ 通販用 1.5kg

マンナンヒカリ 業務用 15kg

コメント

タイトルとURLをコピーしました