乾燥肌の私も使えた天然パパインの酵素洗顔☆ナールス フォーム

ナールス フォーム パウダー状の天然パパインの酵素洗顔です。スキンケア、ヘアケア

毎日丁寧に洗顔しているつもりなのに、どうして

ザラザラしてきたり、毛穴が詰まったりしてしまうのだろう?って不思議だったけど

肌の角質や毛穴の角栓の正体って

70%がたんぱく質、30%が皮脂などの油分で

石鹸で油分は落ちても、たんぱく質を落とすことは出来ないのだそう。

それはつまり、石鹸で洗顔をしても角質や角栓の対策には不十分ということなのですね。

そこで、たんぱく質もクリアに出来る酵素の洗顔が必要になるのですが

酵素の洗顔って乾燥肌の私には脱脂力が強すぎて乾燥が厳しくて続けられない…

乾燥肌の私は角質や角栓の対策は出来ないのかなって

困っていたところに出会ったのが

かなりの乾燥肌の私でも拍子抜けするくらいに全く乾燥することなく使えた

株式会社ディープインパクト 天然パパイン配合洗顔パウダー ナールス フォーム

微量の酵素だから肌質問わずやさしく使える

天然パパイン配合洗顔パウダー ナールス フォーム パッケージ写真

ナールス フォーム 発売元は株式会社ディープインパクト

天然パパインの酵素洗顔で、肌質問わず使えるナールスフォームの酵素は微量なので

低刺激で、やさしく使える酵素洗顔パウダーなのです。

製品も容器等も全て国産の日本製、鉱物油・香料・着色料不使用で、

天然パパイン酵素と質の良い石けんで、お肌に良くない余計なものを入れずに

シンプルに作られた洗顔料です。

ナールス フォーム 使用方法 全成分

数多く色んな成分が入っているほどに合わない成分が入っている可能性も高くなるのですが

ナールスフォームは成分が明確でシンプルな分、合わない成分が入っているリスクが低くなる点も肌が弱い私にとって安心です。

ナールス フォーム 防腐剤・香料・着色料不使用の無添加でシンプルに良い成分になっている洗顔です

やさしく使えるように酵素の量がしっかり調整されているから、

不要な角質だけを除去して、ツルツルなお肌をサポートしてくれます。

週1~2回の使用だから一箱で長く使えてコスパが良い

ナールス フォーム 1gが30包入っている個包装の酵素洗顔パウダーです

可愛い箱に入っていて

箱を開けると、

ナールス フォーム 開封写真 箱の中はこのように入っています

個包装で30包入っています。

一回の使用量は1/2包~1包。

ナールスフォームは1g×30包で2970円(税込)、1ヵ月分でこの金額だと

やや高価格帯の洗顔料に感じるけど、30包というのは実は1ヵ月分ではなくて

ナールス フォーム 一回の使用量は1包か1包の半分です。

こちらは毎日使うものではなくて、週1~2回で夜の使用がおすすめとのことです。

それでも毛穴の黒ずみが気になる時には週3~4回使います。

頻繁に回数多く使えばいいというものではなく、エイジングケアのためになるべく少ない回数で使うというコンセプトのようです。

そう考えると、かなり長く使えるコスパの良い洗顔なのです。

ベーシックなスキンケアというよりは、

週1~2回使用のスペシャルケアというポジションなのですね。

初回購入は送料が無料になるので気軽に始めることが出来ます。

詳細はナ―ルスフォーム公式HPでご覧いただけます。

湿気や劣化を気にせず使える個包装の酵素洗顔パウダー

ナールス フォーム パウダー状の天然パパインの酵素洗顔です。

ナールスフォームはパウダータイプの酵素洗顔。

手だけでも充分に泡立って、もちろん洗顔ネットを使用して使うことも出来ます。

手で泡立てる時は1包、洗顔ネットを使用する時は1包の半量が丁度良く感じました。

ナールス フォーム 1包ずつ個包装のパックで、手で開けることが出来ます

箱も可愛いけど、1包1包の個包装もカワイイ。

外出先で洗顔する機会には1回分ずつ持っていけるから便利だし、

洗面所に置いておけば泡立てネットなしで手だけでも泡立てて使えるところも良いですね。

パウダー状の洗顔料って湿気が気になるところだけどナールスフォームは個包装だから保管中の湿気や劣化を気にすることなく衛生的に、いつでも新鮮に使えます。

ナールス フォームの使用方法

ナールス フォーム きめ細かいパウダーで、水ともよく混ざって泡立ちも良いです。

こちらが1包の中身を全部出してみた量です。

ナールス フォーム 1包の中身の粉を全部出した量です

粒子がすごく細かくて、ぬるま湯にもサッと溶けて混ざって素早く泡立ち始めます。

パウダーだから使い方が難しいんじゃないの?っていう心配は不要。

簡単に、もっちりとした濃密泡を作ることが出来ます。

使い方については、こちらのナールス フォーム公式動画がわかりやすいです。

ナールス フォーム 少しずつぬるま湯を加えて泡立てます

顔をぬるま湯で軽く予洗いしてから洗顔を始めます。

洗面器にぬるま湯を張るか、お湯が出る水道からぬるま湯を出すのであれば少量だけ細く出して、

手で泡立てる時は、左手にナールスフォームのパウダーを出して、右手からつたって左手に少量ずつ、ぬるま湯を左手のパウダーに足していくと泡立てやすいです。

洗顔ネットを使用する時は、左手の上に洗顔ネットをのせて、洗顔ネットの上にパウダーを出して、手で泡立てる時と同様に右手をつたって少量ずつ洗顔ネットにぬるま湯を足していくと良いように思いました。

水道から直接パウダーに出すと水分が多すぎたり、水の勢いでパウダーが手からこぼれてしまう可能性があるので、右手をつたって水を足していくと失敗がないです。

又、最初に少なすぎる水の量で重いタッチで粉を擦り合わせるとダマになってしまうので、手の上を軽いタッチで滑るくらいの水の量で溶いて少しずつ水を足していくと綺麗に混ざります。

ナールス フォーム 手だけで泡立てても充分に泡立ちます

ナールス フォーム 手で泡立てた泡の写真

こちらはナールス フォームを洗顔ネットの使用なしで手だけで泡立てた写真。

ナールスフォームはモコモコと大きくたっぷりの泡を作る必要はなくて、

肌に薄く塗る程度で充分なので手だけでも満足な使用感です。

手で使う時は1包の全量を使うのが丁度良い使用量だと思いました。

ナールス フォームを使ってみた感想

ナールス フォーム1包の半分、半量の使用でこのくらい泡立ちます

ナールス フォーム 濃密でハリのある特長的な泡です

泡がすごく特長的。パウダータイプの洗顔ってサラッとさっぱりしたタイプが多いと思っていたんだけど、ナールスフォームは気泡が見当たらないほどの濃密泡。

ナールス フォーム 顔の上でマッサージするほどに、もっちりと濃密な泡になっていきます

泡は洗顔中にへたることはなく、むしろ

顔の上で泡を手でなでればなでるほどに、もっちりとハリのある泡に変わっていく新鮮な使い心地です。頑張ってたっぷりの泡を作らなくても、肌の上で泡をクッションにしてなでているような使用感へと変わっていくのです。

しっとりとした泡だから洗い流すのが大変なのかな?と思ったら、スッと泡切れ良く、スッキリとした洗い上がりに、吸いつくようにモチモチとした保湿感があってつるつるになめらかな洗い上がりです。洗顔の時点で自然なツヤを感じる。

いつもと同じ化粧水やクリームを使っても、洗顔で整えることによって効率の良いスキンケアが出来ていることを感じます。整っていない土台に、いくら良い成分を入れようとしても効率的なスキンケアは出来ないので、ナールスフォームのテーマである「エイジングケアはまず正しい洗顔から」という意味を実感したように思います。

ナールスフォームは保湿成分にフィッシュコラーゲンが配合されているから、しっとりと守りながら汚れや老廃物だけをクリアにして、奪わず、不要な物だけを落とすという感覚です。

洗顔ネットを使用するとより簡単に使える

ナールス フォーム 洗顔ネットを使用して泡立てることも出来ます

洗顔ネットを使うと、より簡単に泡立てることが出来ます。

ナールス フォーム 泡立てネットを使用して泡立てている写真

洗顔ネットを使用する場合は、洗顔ネットで泡立てた後に泡を手のひらに取って、仕上げに手のひらでも泡立てると、もっちりクリーミーな泡に仕上がります。

ナールス フォーム 洗顔ネット使用で泡立てた写真、ネット使用後、更に手で泡立てるとよりもっちりします

手で泡立てても充分な使用感なんだけど、洗顔ネットを使うと簡単にたっぷり泡立つので

使用量も1包の半分で充分だと思いました。

ナールス フォーム 洗顔ネットを使用すると1包の半量くらいが適量だと思いました

自宅など洗顔ネットを使用できる場所なら、洗顔ネットを使用したほうが早く簡単に泡立つし、使用量も半量で充分に感じて経済的です。

ナールスフォームを使用している風景をメイクマネキンを使って再現

洗顔ネットを使って1包の半量で泡立てた時はこのくらい、

ナールス フォーム1包を全量使用した時は顔がすっぽり隠れるほどの泡の量なので半量で充分だと思います

全量使用だと泡で顔がすっぽり隠れるほどなので半量で充分です。

 

こんなにしっとり使える酵素洗顔は初めて。

今まで酵素洗顔はいくつか使ってみて、どうしても乾燥肌の私には合わなかったけど

ナールスフォームはつっぱらないし乾燥しないので

乾燥肌の私にもすごく合っていた。

潤いを奪わず落とすべきものはしっかりクリアに出来るから、洗顔後に使うアイテムをより発揮出来るようになって、ナールスフォームを使った日には特にスキンケアが楽しみになりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました